アンギラ法人設立サポート

アンギラ(Anguilla)国旗アンギラ(Anguilla)はイギリスの海外領土であり、ポルトリコより東100mileの場所にあり、近くにはバージン諸島があります。

アンギラ(Anguilla)の地図

アンギラ政府はIBC(国際商業会社)に、50年間非課税保証を付けるユニークな政策を行っています。

 

アンギラ法人の最大の魅力は、設立されたオフショア法人には一切の課税対象にならない上に外貨規制も適用されないことです。また登記内容についても高度な機密性を持っています。

アンギラの会社登記所では、アンギラの現地代理人および現地登記事務所の住所が記録されているだけの覚書と定款のみが唯一の記録文書となります。仮にあなたの国の税務当局がアンギラの会社登記所や現地登録住所で調査したとしても、調査対象法人の現地代理人と住所以外の情報は表に出てきません。また事業活動についても全く把握する事ができません。つまり真の会社所有者であるあなたの名前や情報は通常表には出てこないのです。

アンギラ法人の特徴およびメリット

アンギラ法人の設立費用と内訳

設立費用:$18,000HK

上記金額には以下の費用が全て含まれます。

通常サービスでは、口座開設時に通訳スタッフは同行せず、お客様・銀行員と電話にて通訳対応を致します。
口座開設時に通訳スタッフの同行または郵送での口座開設を希望される場合は別途費用が必要です。

法人口座開設サポートが可能な銀行一覧と費用

アンギラ(Anguilla)法人設立サポートのお申し込みは今すぐコチラから

お渡しするアンギラ法人キットの内容

アンギラ法人設立後に下記一式をセットにした法人キットをお渡しします。

 アンギラ(Anguilla)法人キット01 アンギラ(Anguilla)法人キット02

法人キットの郵送を希望される場合は、郵送費$600HKが別途必要となります。

法人口座開設で通訳同行サポートをお申込のお客様は法人キットを銀行までお持ちします。
郵送費用は不要です。

ノミニーについて

アンギラ法人は、名目上の役員や株主であるノミニーを活用した法人設立が可能です。
※別途オプション費用が必要

ノミニーによる法人設立では、真のオーナーの個人データなどは設立先の国や州には一切提出する必要はありません。どのような書類にも真のオーナーの記録は残りませんので、通常、個人データが漏洩することはありません。

オーナーの権利はノミニーが発行する公的(法的)書類によって法的に保障され、法人活動や銀行口座の全権・管理はすべて真のオーナーに帰属します。つまり、ノミニーを利用して設立すると、正規の法人でありながらあなたのデータをまったく公開する必要がないということになります。

所有者はもちろん真のオーナーで、法人活動にはなんの支障もありません。

【オプション費用】

ノミニー初期費用
法人ノミニー:$30,000HK
個人ノミニー:$50,000HK

法人ノミニー
ノミニーダイレクター(名目上の役員)
ノミニーシェアホルダー(名目上の株主):$16,000HK/年

個人ノミニー
ノミニーダイレクター(名目上の役員)
ノミニーシェアホルダー(名目上の株主):$50,000HK/年

※注意
ノミニーで設立した法人は、香港内の銀行では口座開設を拒否される場合があります。
ノミニー設立法人の口座開設同行サポート費用は香港・中国ともに$6,000HKDとなります。

アンギラ法人設立と法人口座開設に必要な書類

身分証明書類:パスポートの写し

住所の証明書類:下記のいづれか1つ。
免許証の写し、公共料金の請求書、残高、クレジットカードの請求書(直近3カ月以内の有効なもの)
※英文の住所をお知らせ頂きます。

アンギラ法人設立に要する時間

【新規法人設立の場合】
手続き期間:約2週間

【シェルフカンパニー】
未確実ですが販売中の会社があれば対応可能です。
手続き期間:約2~3営業日

※この期間は登記局に登記資料を提出してからの期間となります。

アンギラ法人設立手続き

当社のアンギラ法人設立手続きには以下のものがすべて含まれます。

アンギラ法人の最低資本金について

アンギラ法人の最低資本金は$1,000,000USと定められています。通常は$1,000,000の資本金で設立するのが一般的です。

ただしこの資本金はノミニーキャピタル(名目上の資本金)ですので、実際にこの金額を用意する必要はありません。書類の上で届け出るだけです。

アンギラ法人の決算、年間維持管理について

アンギラ法人は法人税が免税、つまりゼロのため決算を政府に提出する必要が有りません。
ただし、法人税が無い代わりに毎年1回、法人の営業許可証の更新が必要となります。

この営業許可証の更新が事実上の法人税となり、政府の収益となります。
さらにこの営業許可証の更新にあわせて、手続き代行費用、次年度の会社維持費(住所賃貸など)が必要となります。

アンギラ法人年次更新費用

年次更新費用:$16,000HK

上記金額には以下の費用がすべて含まれます。

アンギラ法人設立のお申込は今すぐコチラから

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容

 上記内容でよろしければ、チェックを入れて送信を押して下さい。

Copyright© 2010 HSBC香港口座開設と海外投資&海外ビジネス支援サイト All Rights Reserved.