海外養老保険とは

海外養老保険養老保険は積立て期間も短いうえに早い段階から報酬が発生し元本が確保されやすい事から、きわめてリスクの低い魅力的な保険商品といえます。

特に損失リスクを嫌う方にお勧めの商品です。

 

養老保険の特徴 

海外養老保険イメージ

特徴 内容
積立て期間が短い 積立て期間が9年・15年・18年と選べるのが特徴です。
3年目から養老金の受取り 積立期間中の3年目から3年毎に9%の養老金を受け取れます。
年間配当・期間配当 年間4.25%(変動利回り)の配当が発生し、契約満了時にも期間配当が発生。
死亡保障 被保険者が死亡した場合の死亡保障が付いています。 
長い保障期間 被保険者が100歳になるまで保障が続きます。
契約者は3世帯まで変更ができます。
子供からシニアまで契約 0歳から70歳まで契約が可能です。
子や孫を被保険者にして契約者は祖父や祖母と言ったことも可能です。
元本割れリスクが低い 積立て期間が短く早い段階から養老金や配当金を受け取れるため、元本保証とは言えませんが元本の確保は容易といえます。

お客様のご希望の条件でお見積させて頂きますので、お気軽にお問合せください。

養老保険の見積例1

お子様やお孫様に財産を残すために、養老保険を活用することができます。

5歳のお子様を被保険者にすることで、将来のお子様に1億円以上の財産を確保する場合の例をご紹介します。

契約条件

海外養老保険見積例1
見積資料1(クリックで通常サイズ表示)

65歳の時点での価格

積立総額$150,000USに対し、受取総額が何と $1,213,977US にもなります。
1ドル100円で計算しますと、1億2,000万円になります。

80歳の時点での価格

積立総額$150,000USに対し、受取総額が何と $2,302,087US にもなります。
1ドル100円で計算しますと、2億3,000万円になります。

つまり65歳から80歳までの15年間に、$1,100,000US(1億1,000万円)も資産が増えることを意味します。

養老保険見積例2

10歳のお子様を被保険者にすることで、将来のお子様に財産を残す場合の例をご紹介します。

契約条件

海外養老保険見積2
見積資料2(クリックで通常サイズ表示)

65歳の時点での価格

積立総額$162,000USに対し、受取総額が $984,197US にもなります。
1ドル100円で計算しますと、約1億円になります。

80歳の時点での価格

積立総額$162,000USに対し、受取総額が何と $1,868,117US にもなります。
1ドル100円で計算しますと、1億8,600万円になります。

つまり65歳から80歳までの15年間に、$883,920US(約8,800万円)の資産が増えることを意味します。

養老保険の見積例3

30歳の成人男性が、自身の老後資金をつくる場合の例をご紹介します。

契約条件

 海外養老保険見積例3
見積資料3(クリックで通常サイズ表示)

65歳の時点での価格

積立総額$180,001USに対し、受取総額が $495,284US にもなります。
1ドル100円で計算しますと、約5,000万円になります。

80歳の時点での価格

積立総額$180,001USに対し、受取総額が何と $946,632US にもなります。
1ドル100円で計算しますと、9,460万円になります。

65歳から80歳までの15年間に、$451,348US(4,500万円)の老後資金が増えることを意味します。

 

海外養老保険の見積は今すぐコチラから

お名前

メールアドレス

契約者氏名(ローマ字)
※パスポートに記載されている正式なものをご記入ください
苗字  名前

契約者性別

契約者生年月日
例:2000年 11月 11日

契約者の喫煙

被保険者氏名(ローマ字)
※パスポートに記載されている正式なものをご記入ください
苗字  名前

被保険者性別

被保険者生年月日
例:2000年 11月 11日

被保険者の喫煙

支払方法と金額
例:毎年$10,000US、半年$5,000US、毎月$500US
$US

積立て年数

契約予定

メッセージ本文
その他見積り条件、質問はこちらにご記入ください。

※当サイトでは情報提供を目的としており、金融商品の販売や勧誘を目的とはしておりません。

Copyright© 2010 HSBC香港口座開設と海外投資&海外ビジネス支援サイト All Rights Reserved.